「ミカエルの夢物語」第二話後編

旅館の人に話しても信じてもらえそうになかった・・・
気持ち悪かったけど、予定通り宿泊して帰ったよ
隣のおっさんはとうとう戻ってこなかった。
数年後、そんなことも忘れてその辺りに引っ越したときに
「○○という旅館で改築中に壁の中から中年男性の白骨死体が発見された。
何故建てられてから20年以上も経つ建物の中から死後数年の骨が発見されたのか?
壁に掘ったような跡は無かったのに・・・   」というような記事を地元の新聞で
読んだ。
あの時の旅館の名前は忘れてしまったが、確かめる勇気が自分には無かった。

お分かりですね?
第一話で述べた様に、以前は鏡の様に反射するものを通して他の世界に
足を踏み入れる事があったのです
現在では、銀河系惑星に大きな歪みが生じた為に此の惑星テラにも様々な場所に
「扉」が存在するようになってしまった事を?
何故、歪みが生じたか?  それはあなたが一番良く知っているのではありませんか?


Posted in 夢物語 | Leave a comment